ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

トップ  > 環境市民Blog  > 脱原発・福島第一原発事故、放射能汚染情報  > 署名・抗議活動等  > 10/31(月)正午まで・緊急署名★原発輸出を促進 日越合意に反対を!(現在位置)
環境市民Blog
環境市民のビジョン

10/31(月)正午まで・緊急署名★原発輸出を促進 日越合意に反対を!

カテゴリ:署名・抗議活動等|更新日:2011年10月31日

ベトナムに原発を促進する、日越合意が発表されようとしています。人を、地球を、未来を傷つける原発を他の国にこれ以上広げることは許されません。締切は本日10月31日(月)正午までです。

脱原発したいという方はもちろん、ベトナムが好きな方もぜひ!お知り合いにも署名を呼び掛けてください!くわしくはこちら

署名はこちら

どちらからでも署名できます。署名が集中し、サイトが閲覧できない場合があります。なんどかトライしてみてください!

署名フォーム1:こちら(携帯、PC対応)

署名フォーム2 こちら(携帯、PC対応)

署名フォーム3 こちら(PC対応)
 

締め切り:10月31日正午まで

呼びかけ内容

 福島の原発事故は未だ収束せず、日本の大地、自然、海にいまも放射能物質が降り注いでいます。福島をはじめとして、多くの人達が、放射能汚染の危機にさらされ、生活を破壊され、苦しんでいます。事故の原因さえ、究明されていません。
そんな中、原発輸出をまた一歩前進させる日越政府合意が行われようとしています。

現在、ベトナムでは、日本の税金によってニントゥアン省の原発建設に向けた実行可能性調査が実施されています。しかしこの調査の結果は、ベトナムの住民や日本の納税者に公開される保証もありません。ベトナムの建設予定地は、風光明媚な自然が広がり、住民たちは漁業や農業、観光などでくらしをたてています。原発建設はこのような住民の生活を脅かすものです。

さらにひとたび事故が起これば、放射能汚染はタイ、カンボジア、ラオスなどのベトナムの近隣国にも広がります。ベトナム政府は、自国民に対する説明責任を果たしていないのと同様、これらの国々の住民にも一切の説明責任を果たしていません。

私たち、経済産業省前に集った北海道から九州までの女たち、そして原発輸出に懸念を有する市民たちは、日本政府の原発輸出に強く反対します。輸出すべきは、福島の痛みによって得られた貴重な経験であり、断じて原発ではありません。

 以上を踏まえ、私たちは日越両政府に対して、以下を要請します。

・日本政府は、原発輸出を行わない方針を明確に打ち出すこと
・日本政府は、原発輸出に向け、これ以上無駄な税金を使わないこと
・日越両政府は、現在実施されている実行可能性調査を打ち切ること。
・日越両政府は、ベトナム国民、ベトナム近隣国の住民に対する説明責任を果たすこ
と。

 

呼びかけ団体:原発いらない全国の女たちアクション

★31日(月)17:00~@官邸前 ベトナムへの原発輸出に反対する集い
31日(月)の17:00から、官邸前で集い、ベトナムへの原発輸出の反対をアピールします。
合言葉は、「ベトナムの子どもたちを放射能から守れ!」です。ぜひ、お集まりください。
10月31日(月)17:00~18:00@官邸前(道路の反対側のコーナー)

主催:「原発いらない全国の女たちアクション」、FoE Japan(エフ・オー・イー・ジャパン)、グリーン・アクション、プルトニウムなんていらないよ!東京、福島老朽原発を考える会(フクロウの会)

問い合わせ:FoEジャパン 満田/090-6142-1807

 

 

閲覧(2915)

ページの終端です。ページの先頭に戻る

Copyright(C)2023 NPO法人 環境市民/Citizens Environmental Foundation All Rights Reserved|ログイン