ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

トップ  > 環境市民Blog  > 電子かわら版コラム  > 次の日曜日は選挙に行こう(現在位置)
環境市民Blog
環境市民のビジョン

次の日曜日は選挙に行こう

カテゴリ:電子かわら版コラム|更新日:2016年7月19日

このコーナーでは、ウェブやメールマガジンの企画運営を行っている「電子かわら版チーム」メンバーのコラムを紹介しています。一緒に企画運営をしたいボランティアも随時募集中です。関心のある方は京都事務局まで。


<次の日曜日は選挙に行こう>

 

7月10日は参議院選挙の投票日。

3年に1度の大切な選択の日。

 

死票が大量に発生する小選挙制度区の衆議院で多数をとった

現政権は、この数年というものやりたい放題。

平気で憲法に抵触する政治を行うやり口に危機感を持った市民が「立憲主義*の回復」を求めて各地で動いています。

安倍政権の唯一の功績は、政治に関心を持ち積極的に関わろう

とする普通の市民の数を増やしたことではないでしょうか。

 

(*立憲主義;法律に則って政治権力を行使すべきとする考え方。法治国家の大原則となるもの)

 

さて、選挙に行こう!

と言っても、誰に入れたらいいかわからない、入れたい人がいない。支持政党もない。どうしよう。

そんなあなた、「エコ議員つうしんぼ」はご覧になりましたか。

環境や持続可能性についての各候補者の考えと、それに対する

環境団体による評価がこちらで紹介されています。

 

「エコ議員つうしんぼ」(エコ議員つうしんぼの会)


 

残念ながら、このアンケートに答えていない候補者も多く、

参考にならない選挙区もあるようですが。

 

比例区の投票先の検討素材としては、以下の調査もあります。

「各党マニフェストの地球温暖化政策に関する分析」(気候ネットワーク)


 

政党対象「2016年参議院選挙に関する公開質問状と回答」(あおぞら財団)


 

また、政党や立候補者と自分の意見の一致度がわかるサイトも。

「毎日新聞ボートマッチ えらぼーと2016」


 

「Yahoo!みんなの政治 政党との相性診断」


 

試してみると、私の場合は二つのサイトで違う結果が出たので、両方やってみるとよいかもしれません。質問に答えていくだけで結果が出るので簡単です。

望む政策の実行に一番近そうな候補者・政党を見つけて、

さあ、7月10日は選挙に行こう!

                     (げの字)

 

閲覧(473)

ページの終端です。ページの先頭に戻る

Copyright(C)2018 NPO法人 環境市民/Citizens Environmental Foundation All Rights Reserved|ログイン