ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

トップ  > 環境市民Blog  > 電子かわら版コラム  > スマート○○は人をスマートにする?(現在位置)
環境市民Blog
環境市民のビジョン

スマート○○は人をスマートにする?

カテゴリ:電子かわら版コラム|更新日:2019年8月28日

このコーナーでは、ウェブやメールマガジンの企画運営を行っている「電子かわら版チーム」メンバーのコラムを紹介しています。一緒に企画運営をしたいボランティアも随時募集中です。関心のある方は京都事務局まで。

そりゃそうだなあと思っていると、
「最近はお箸を持てるようになる年齢が上がってきているんです」と先生。
一体なぜ?


保育園の先生曰く、
「推測ですが、最近はスイッチ一つでなんでもできるようになって
細かい指の作業が減っているからではないかと思います」


なるほど、確かに。
扉は自動。お湯もお水もタッチ一つで出てくるものが増えた。
ガスもぽん!
洗濯機もスイッチを押せば洗いから乾燥までやってくれる。
スイッチ一つで部屋は暖かくも冷たくもなる。
最近では「電気をつけて」と言うと電気がつく機能もあるとか。


スマート家電にスマートフォン。スマート住宅にスマート交通。


確かに、障がい者や高齢者の方にとって、
また怪我をした時など「スマート○○」な機能はとても重宝する。
でも何もかも、いつでも「スイッチ一つ」でできてしまう世界は何か違和感を感じる。


機械はどんどん「スマート」になっているけれど、人は?


とはいえスマート○○だらけの日常。
あえてスマートじゃない機能が恋しくなる今日このごろです。(ま)


<執筆者紹介>
ペンネーム:ま


「何でも自分でやりたいの」期の娘に振り回されながら湘南ガールを
めざす70年代生まれ。
最近のおすすめは「びわこふきん」。

閲覧(37)

ページの終端です。ページの先頭に戻る

Copyright(C)2019 NPO法人 環境市民/Citizens Environmental Foundation All Rights Reserved|ログイン