ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

トップ  > 環境市民Blog  > 電子かわら版コラム  > 私の中のジェンダー(現在位置)
環境市民Blog
環境市民のビジョン

私の中のジェンダー

カテゴリ:電子かわら版コラム|更新日:2020年11月25日

このコーナーでは、ウェブやメールマガジンの企画運営を行っている「電子かわら版チーム」メンバーのコラムを紹介しています。一緒に企画運営をしたいボランティアも随時募集中です。関心のある方は京都事務局まで。

我が家では連れ合い(夫)が私によく言うフレーズです。
何気ないことではありますが、ある日ふと思いました。
女性が連れ合い(夫)に何か家事が終わる度に「**が終わったよ」と
言うでしょうか?


洗濯物畳んだよ。
新しい洗剤、補給しておいたよ。
靴下直しておいたよ。
布団干しておいたよ。
幼稚園の書類出しておいたよ......


あまり気にしていなかったのですが、ある時ふと思いました。
いちいち言われることがどうか、ということよりも
なぜ、これまで自分が疑問に思わなかったんだろう、と。


想像するに、基本的に家事は私=女性がするもの、という固定観念が
私の中にあったからではないか、と思いました。


いつのまにか自分の中にあるジェンダー意識。


世界における日本のジェンダー格差ランキングは121位※。
このランキングが発表される度にさまざまな分析が出されますが、
実は日頃の小さな小さな積み重ねによってジェンダー意識が生まれ、
社会的な格差をつくりだしているのかもしれません。


となると、大人である私たちが子どもたちにどんなジェンダー像を見せるか、
はとても重要です。


翻って我が家。
4才の娘のジェンダー感。
ちょっと気になる今日この頃です。(ま)


※世界経済フォーラム(WEF)「世界ジェンダー・ギャップ報告書(Global Gender Gap Report)2020」


<執筆者紹介>
ペンネーム:ま
「何でも自分でやりたいの」期の娘に振り回されながら湘南ガールをめざす70年代生まれ。
最近のおすすめは「びわこふきん」。

閲覧(85)

ページの終端です。ページの先頭に戻る

Copyright(C)2021 NPO法人 環境市民/Citizens Environmental Foundation All Rights Reserved|ログイン