ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

トップ  > 環境市民Blog  > 電子かわら版コラム(現在位置)
環境市民Blog
環境市民のビジョン

電子かわら版コラム

rss

このコーナーでは、ウェブやメールマガジンの企画運営を行っている「電子かわら版チーム」メンバーのコラムを紹介しています。一緒に企画運営をしたいボランティアも随時募集中です。関心のある方は京都事務局まで。

うなぎの旬と持続可能な生産と消費

カテゴリ:電子かわら版コラム|更新日:2022年08月10日 14:08:53

夏の旬の食材で酷暑を乗り切ろうとスーパーマーケットに行ってみると
並んでいたのは鰻でした。
鰻の旬はいつなんでしょうか。
最近は、土用の丑の日にはあえて休業するという鰻専門店もあるようですが……

閲覧(34)

「電力が足りない」の怪と解

カテゴリ:電子かわら版コラム|更新日:2022年07月27日 16:15:54

「電気が足りない!」「節電を要請します」「計画停電を検討」「原発を再稼働させなければ」……
ちょうど10年前と同じ言葉がニュースに踊る2022年の夏。
2012年に喧伝された「電力不足キャンペーン」は嘘でした。
きっと今回も、と思ったら、火力発電所の供給力が落ちていて、本当に足りなくなっているらしい。
どうして?
その答えは……

閲覧(166)

選挙の終わりは「はじまり」

カテゴリ:電子かわら版コラム|更新日:2022年07月13日 14:39:04

参議院選挙、終わりましたね。
自分が投票した方が通った人、通らなかった人、いろいろでしょう。
開票結果報道をみていると毎回「終わった」感を感じるのですが、選挙が終わったら政治とのかかわりは終わってしまうのでしょうか。

閲覧(161)

食品ロス削減に挑戦する学生さんが増えています

カテゴリ:電子かわら版コラム|更新日:2022年06月22日 15:57:36

昨年秋から、私は、京都市内の学生さんや食品関連企業の皆さんと一緒に、食品ロス削減につながる弁当の開発に取り組んできました。
5月に大学内でテスト販売を行った結果は、とても好評。
京都市内での一般販売ももうすぐです。

閲覧(243)

小さな庭にいる虫たちとのお付き合い

カテゴリ:電子かわら版コラム|更新日:2022年06月08日 15:00:25

この季節、わが家の小さな庭では人間と生き物たちの間で様々な申し合わせというか、お互いを認め合いつつ共存するための暗黙のルールが整っていきます。

閲覧(451)

自転車で地域とつながろう 新ビワイチガイド出版

カテゴリ:電子かわら版コラム|更新日:2022年05月25日 15:08:34

この春、女友だちと声を掛け合って、びわ湖一周サイクリング(ビワイチ)に行ってきました。
メンバーの半分は初体験者や初心者だったのですが、新しいガイドブックを片手に、皆で助け合い、励まし合って、パンクなどのトラブルを乗り越え、2日かけて北湖一周160kmを全員が完走しました。
感激!

閲覧(174)

動物園でぼーっと......できません!

カテゴリ:電子かわら版コラム|更新日:2022年05月11日 15:41:52

ゴールデンウィーク。
子どものリクエストで京都市動物園に行ってきました。
動物を見て終わりかと思いきや......
考えさせられる展示の数々に出合いました。

閲覧(128)

プラスチック対策は、今が大きな局面です。

カテゴリ:電子かわら版コラム|更新日:2022年04月27日 13:15:17

ストローを紙製にするカフェや、サンドイッチを買ってもおしぼりを渡さないお店が急に増えてきました。
そう、4月1日にプラスチック資源循環促進法が施行されたため、各店舗が使い捨てプラスチックの削減に努めているのです。

閲覧(244)

身近なスーパーマーケットの結果をチェックしてみよう!

カテゴリ:電子かわら版コラム|更新日:2022年04月13日 13:51:54

環境市民では、全国の同じ志を持つ他分野のNGO/NPOと一緒に消費から持続可能な社会をつくる市民ネットワーク(SSRC)を立ち上げ、その名の通り、買い物から社会を変えていこうという活動を続けています。
そのメインの活動でもある「企業のエシカル通信簿」は、毎年業種を選定して成績発表をしていますが、2021年度はスーパーマーケット6社を調査しました。
スーパーマーケットの脱炭素やプラスチック削減、食ロスなど気になる環境分野の取り組みで見えてきたことは……

閲覧(304)

新時代のビジョンや変革の力は若者世代にあり

カテゴリ:電子かわら版コラム|更新日:2022年03月23日 15:38:05

「えっと、ちょっともうどうしよう。うるっときちゃって、 このあと何しゃべっていいかわからない」。
社会活動に取り組む若者の想いと活動紹介を聞いて、ある企業の方がこう言われました。
その企業も、環境問題にそこそこ熱心に取り組んでいるほうだと思うのですが、若い世代の真剣な姿勢に圧倒されたようでした。

閲覧(301)

全ての記事一覧


ページの終端です。ページの先頭に戻る

Copyright(C)2022 NPO法人 環境市民/Citizens Environmental Foundation All Rights Reserved|ログイン