ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

トップ  > 活動への参加  > イベント・ボランティア情報  > イベント情報  >  ありのままの福島の話を聴こう 4/20(土)(現在位置)
活動への参加
環境市民のビジョン

ありのままの福島の話を聴こう 4/20(土)

〜一人ひとりが京都と福島のこころを結ぼう〜

 2011年3月11日、東日本大震災は未曾有の大災害をもたらしました。その中でも福島に住む人々は福島第一原発の事故により、自然災害による被災地となった辛さだけでなく、目に見えない放射能によるこどもたちや家族への健康被害、心理的影響、経済的負担、将来への不安などを抱え、他所へ避難する人も残る人も両者がそれぞれにしんどい立場で過ごされています。

 「福島に住む僕たちの感覚はほとんど、外の人には伝わっていない」と、赤城さんは言われます。
関西に住む私たちには、福島に住む人々の姿や声は届きにくくなっているのかもしれません。福島の人たちの気持ちは、ひと言で表せるほど単純ではないと思います。でも、だからこそ耳を傾け、思いを察し、福島の人たち、被災地の人たちのこころに寄り添いたいと思います。

 テレビで流される特集番組のように、映像編集や効果音はありません。福島に住む一人の高校教諭が、原発事故以降の福島で悩んだり、考えたり、ほっとしたり、日常で感じたことありのままを、私たちにお話しくださいます。

■と き:2013年4月20日(土)午後6時30分から午後8時30分
■ところ:ハートピア京都(京都府立総合社会福祉会館)
(アクセス)地下鉄烏丸線「丸太町」駅下車 5番出口
■参加費:1,000円 ※今回の運営費に使わせていただきます。
■お 話:赤城 修司さん
      福島市在住 高校美術教諭。原発事故後、中国新聞で福島に住む人がどんな不安を抱えて暮らしているのか4コマ漫画とエッセイを連載。

■申込み:お名前、連絡先を添えて、電話、FAX、メールで下記までお申し込みください。

NPO法人環境市民
電話:075-211-3521 FAX:075−211−3531
メール:life@kankyoshimin.org
京都市中京区麩屋町二条下がる 第二ふや町ビル405

 

 

ページの終端です。ページの先頭に戻る

Copyright(C)2018 NPO法人 環境市民/Citizens Environmental Foundation All Rights Reserved|ログイン