ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

トップ  > 論文・写真・出版  > ニュースレター  > バックナンバー  > ニュースレター総目次 2017年(現在位置)
論文・写真・出版
環境市民のビジョン

ニュースレター総目次 2017年

2017年12月No.295

2017年12月号ニュースレターをダウンロードする(PDF)ダウンロード

 

今月の1枚 

「京都で決めよう!市民大行動〜地球温暖化防止アピールとパレード」主催:気候フォーラム

京都議定書が締結されるかどうか不透明であった地球温暖化防止会議COP3開催中に、引き延ばしせずに京都で決めることを求めました。当初1万人の参加を見込んだパレードに世界各地のNGOや市民団体、学生たちも加えて2万人が参加、議定書採択の大きな後押しとなりました。

環境市民(現代表)の杦本がこの「市民大行動」全体の企画とコーディネートを行い、環境市民からも多数の会員が行進しました。1997 年12月
 
■今月の1枚:環境市民 25年の歩み COP3

■報告:第1回「自治体政策評価オリンピック」先進事例が決まりました!      

■報告:「環境首都創造フォーラム2017 in 奈良」開催報告(その1)

■コラム:ゆっこのカナダ便り(2)

■コラム:環境市民 創設 25 周年お祝いメッセージ

■会員紹介:平山秀昭さん

■行事案内:会議飲料ウォッチャー2017 / 未来をつなぐ消費のあり方を考える 公開セミナー2017年度 in 鳥取

 

2017年11月No.294

2017年11月号ニュースレターをダウンロードする(PDF)ダウンロード

今月の1枚 

石垣島白保など、沖縄のサンゴの海を守ろうというテーマで開催した「沖縄の心を唄う」ミニコンサート。1994年1月29日開催。 今出川にあった有名な喫茶「ほんやら洞」の2階が会場。大城敏信さんの三線と歌で盛り上がりました。
 
■今月の1枚:環境市民 25年の歩み 沖縄
■報告:環境首都創造ネットワーク 共同研修
■コラム:気候変動(地球温暖化)の今 その3 脱炭素・持続可能な社会に向けての世界の流れ
■コラム:ゆっこのカナダ便り(1)
■コラム:環境市民 創設 25 周年お祝いメッセージ
■会員紹介:長谷敏夫さん
■行事案内:会議飲料ウォッチャー2017

2017年10月No.293

2017年10月号ニュースレターをダウンロードする(PDF)ダウンロード

今月の1枚 

京都西山にある環境市民の山小屋。写真はその基礎工事の時(1995 年 10 月)のもの。 この山小屋は富士フィルム・グリーンファンドの支援を得て、また正式に京都市の建築許可を取 り建てました。建築士さんと、地元の大工さんの指導のもと、多くのボランティアが荷揚げ作業や 建築に携わり、まさにみんなで作った山小屋です。
 
■今月の1枚:環境市民 25年の歩み 山小屋
■報告:「自治体政策評価オリンピック」開始のお知らせ
■コラム:気候変動(地球温暖化)の今 その2 パリ協定のインパクト
■コラム:環境市民 創設 25 周年お祝いメッセージ
■コラム:ドイツより 環境市民 創設 25 周年お祝いメッセージ
■会員紹介:内田洋子さん
■行事案内:環境市民ひろば 第3回♪楽エコクッキング♪ー安心!美味しい!幸せ!
[新]CSR検定 京都会場と検定対策勉強会

2017年9月No.292

2017年9月号ニュースレターをダウンロードする(PDF)ダウンロード

■今月の1枚

 

京都御苑自然観察会(1994 年 5 月 8 日)の模様。
環境市民では発足から誰もが参加できる環境 NGO をめざし、環境講座「野の塾」を開催し、セミナー の他に、ワークショップ、料理教室やこのような自然観察会などを多彩に実施しています。

■今月の1枚:環境市民 25年の歩み
■報告:ぐりちょ Green & Ethical Choices を公開しました!

■コラム:気候変動(地球温暖化)の今 その 1 食糧と水の危機が近づいている
■コラム:環境市民 創設 25 周年お祝いメッセージ
■コラム:ドイツより 環境市民 創設 25 周年お祝いメッセージ


■会員紹介:鈴木靖文さん ■行事案内:[新]CSR検定

 

2017年8月No.291

2017年8月号ニュースレターをダウンロードする(PDF)ダウンロード

■今月の1枚

 

環境市民設立総会 1992 年 7 月 18 日
京大会館 1990 年から、様々な環境活動に取り組んでいる人々、専門家と幾度もディスカッションを重ね設立しました。
設立総会には、会場一杯に多様な人々があつまり、初日だけで 50 人以上が会員になってくださいました。
 

■今月の1枚:環境市民 創設25周年

■コラム:環境市民 四半世紀を振り返って
■コラム:ドイツより 環境市民創設 25 周年お祝いメッセージ
■報告:買い物から社会と生活を変えよう!公開セミナー 2017 in 福島」 開催しました!
■報告:環境首都創造ネットワーク ミニレクチャー


■会員紹介:田浦健朗さん

■行事案内:環境教育リーダースタートアップ講座2017

2017年7月No.290

2017年7月号ニュースレターをダウンロードする(PDF)ダウンロード

■今月の1枚

 

 5 月 13 日に京エコロジーセンターで、環境市民ひろば主催の♪楽エコクッキング♪安心!美味しい! 幸せ!を開催しました。講師に玄米菜食など体にやさしいお料理を得意とする西丘裕子さん、アシスタントに古賀仁恵さんを迎え、総勢 10 人での開催となりました。
話を聞くと難しく感じてしまう環境問題や食の問題。形を工夫すれば、楽しく・美味しく・和気あいあい と学ぶことができます。環境市民ひろばのメンバーは常時募集しておりますので、ご関心ある方はいつでも ご連絡ください。なお、楽エコクッキングの 2 回目は 7 月 29 日に開催します(7 ページでご案内)。
(チーフコーディネーター 石崎 雄一郎)
 

■今月の1枚:楽エコクッキング

■報告:環境市民通常社員総会&買い物ゲーム開催
■紹介:環境市民第9期新任理事紹介
■報告:「地域からの持続可能な社会づくりと気候変動への対応」(後編)
■紹介:ぐりちょ(Green & Ethical Choices)調査を行います!


■会員紹介:吉川康彦さん

■行事案内:楽エコクッキング

2017年6月No.289

2017年6月号ニュースレターをダウンロードする(PDF)ダウンロード

■今月の1枚

 

 韓国のウォンジュ(原州)市から、ローカルアジェンダ21の推進組織であるWonju Council for Sustainable Development(原州持続可能発展協議会)の方々が、環境市民の事務所を訪問くださいました。ウォンジュ市でも、環境教育・活動施設の運営、気候変動問題等の環境啓発活動、環境政策の提言などを進めているそうです。環境市民で長年続けてきたグリーンコンシューマーの活動や環境首都創造ネットワークの活動を主に紹介し、お互いの共通点や相違点の中から、様々なトピックについて熱く語り合うことができました。
ともすれば対立を煽りかねない言動ばかりが注目を集める隣人関係ですが、持続可能な未来のあり方を共に形作っている姿を、広くつたえていきたいと思います。
(チーフコーディネーター 石崎 雄一郎)
 

■今月の1枚:共に未来を

■報告:環境首都創造フォーラム2016年度in宇部
■報告:「地域からの持続可能な社会づくりと気候変動への対応」報告
■コラム:山小屋活動へようこそ♪
■報告:グリーン連合”環境NGO/NPO関西大交流会”


■会員紹介:武田裕希子さん

■行事案内:環境市民ひろば・通常社員総会

2017年5月No.288

2017年5月号ニュースレターをダウンロードする(PDF)ダウンロード

■今月の1枚

 

あの「京都自転車マップ」が、充実のガイドブックをつけて帰ってきました。
本格派サイクリストに好評の地図は更に詳しく更新し、かつ初心者にもとっつきやすい本に仕上がっています。
クラウドファンディングや寄付で制作にご協力くださった皆さま、ありがとうございました!

■今月の1枚:自転車BOOKできました!

■報告:環境首都創造フォーラム2016年度in宇部
■コラム:企業のエシカル通信簿の意義
■報告:企業のエシカル通信簿 第1回結果発表会

■会員紹介:藤崎荘滋さん

■行事案内:環境市民ひろば・通常社員総会

2017年4月No.287

2017年4月号ニュースレターをダウンロードする(PDF)ダウンロード

■今月の1枚

 

京都の西山で環境市民が借りている山小屋は、落葉広葉樹に取り囲まれ、春の花、初夏の新緑、秋の紅葉、 冬の雪景色と年間通じて季節を感じることができます。
小屋には囲炉裏があり、毎回小屋で自炊をして飯盒炊飯や鍋を楽しんでいます。
現在は、もっと多くの方に山小屋が活用されるよう整備することが活動の中心ですが、初めての方の参加も 大歓迎。

■今月の1枚:西山・山小屋・山遊び

■報告:環境首都創造フォーラム2016年度in宇部
■報告:「ぐりちょ」まもなくスタートします!
■報告:京都からはじめよう持続可能な社会へのパラダイムシフト
■報告:パナソニックサポートファンドの3年間を振り返って

■会員紹介:辻野隆雄さん

■行事案内:「環境市民ひろば」

 

2017年3月No.286

2017年3月号ニュースレターをダウンロードする(PDF)ダウンロード

■今月の1枚

 

豊かな命を育む生物多様性の宝庫ーボルネオ島。
ポテトチップス、インスタント麺、マーガリン、アイスクリーム・・・私たちの身近な消費に使われるパーム油をとるために、熱帯林が伐採され、オランウータンなどの野生生物が絶滅の危機にあります。
環境市民では、様々な専門性をもったNPOや消費者団体と「持続可能な消費」にむけた取組を進めています。

■今月の1枚:僕とポテチとオランウータン

■報告:買い物から社会を変えよう!〜エシカルな買い物を実践する方法〜
■報告:持続可能な消費と生産(つくる責任つかう責任)〜市民と企業の情報交流〜

■会員紹介:中條恭子さん

■もっぺん環境問題 基本のき「SDGs」

2017年2月No.285

2017年2月号ニュースレターをダウンロードする(PDF)ダウンロード

■今月の1枚

 

JR宇部新川駅から続く通りの路上に飾られていた写真のモニュメントは、重村三雄さんによる作品で、タイトルは「地球の明日が見えますか?」地球の明日が緑と花と文化に彩られた美しい世界になるか、見つめる先の世界を一つ一つ作っていくのは現在の私たちです。

■今月の1枚:地球の明日がみえますか?

■活動紹介:環境首都創造の活動

■報告:環境首都創造フォーラム2016年度 in 宇部 開催しました①

■活動紹介:企業のエシカル通信簿がスタートしました

■報告:グリーン連合 環境省とNGOとの意見交換会 開催しました

■会員紹介:大西康史さん

■もっぺん環境問題 基本のき「雨水利用と雨水活用」

2017年1月No.284

2017年1月号ニュースレターをダウンロードする(PDF)ダウンロード

■今月の1枚

■今月の1枚:すてきなりんごが届きました

山形県でエコ農家を営む会員の御田伸一さんから、環境市民の事務所にこんなすてきなりんごが届きました!御田さんは、農薬散布回数を慣行農法の半分以下に減らして木酢を使用したり、化学肥料でなく堆肥や魚粕を使うなど、環境に配慮した農法を行っています。

■特集:「アメリカは脱ペットボトル先進国?」

報告:「環境首都創造」セミナー2016(後半)

■活動紹介:消費から持続可能な社会をつくる市民ネットワークの取組

会員紹介:御田伸一さん

■行事案内:持続可能な消費セミナーin東京、環境首都創造フォーラムin宇部、他

  • 2016年以前のバックナンバーはこちら  

ニュースレター作成チーム ボランティア大募集してます!!

ニュースレターをつくるライター、編集、校正をやってみませんか。環境市民の行事に出かけて記事を書いたり、できあがった原稿に文字の間違いがないかなどをチェックするなどの内容です。関心のある方は、お名前、ご住所、電話番号、メールを記載の上、環境市民までご連絡ください。(mail life@kankyoshimin.org)

 

 

 

 

 

 

ここからコメントフォームです

新しくコメントをつける

題名
ゲスト名
投稿本文
より詳細なコメント入力フォームへ

ページの終端です。ページの先頭に戻る

Copyright(C)2021 NPO法人 環境市民/Citizens Environmental Foundation All Rights Reserved|ログイン