ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

トップ  > 活動・実績のご案内  > 経済をグリーンにする  > 新着情報一覧  > 3月14日開業 日本初カーボンニュートラルステーション摂津市駅および摂津市駅号での環境メッセージ発信を環境市民が企画監修(現在位置)
活動・実績のご案内
環境市民のビジョン

3月14日開業 日本初カーボンニュートラルステーション摂津市駅および摂津市駅号での環境メッセージ発信を環境市民が企画監修


2010年3月12日


3月14日、阪急電鉄京都線に日本初の「カーボン・ニュートラル・ステーション」摂津市駅開業。同駅開業にあわせて「カーボン・ニュートラル・トレイン摂津市駅号」が、3月14日(日)から7月31日(土)まで運行されます。

CO2の排出を0に

新駅摂津市駅は、駅施設で使う電力をLED照明や回生電力利用などの省エネ設備や、太陽光発電などの自然エネルギー利用などにより極力削減するとともに、直接削減が困難なCO2については、排出枠購入により駅の運営によって発生するCO2をゼロにするというものです。

同駅開業にあわせて運行される「摂津市駅号」は、2008年12月から翌年7月まで運行された「エコトレイン・未来のゆめ・まち号(環境大臣賞・グリーン購入大賞受賞)」のコンセプトを引き継ぐもので、外観に環境をテーマにしたラッピングを施したうえ、車内のポスターも環境をテーマにしたものに統一されています。そのうえ、同列車運行中に使用する電力の発電で生じるCO2を排出枠購入で実質的にゼロにする「カーボン・ニュートラル・トレイン」として運行されます。

 

 

駅の広告、車内ポスターにもご注目を

環境市民は、摂津市駅、および摂津市駅号での環境メッセージの発信に関して「企画監修」という立場で参画しています。環境をテーマとした駅広告や車内ポスターなどへの環境NGOの視点からのアドバイス、掲示資料用の写真やバックデータの提供などをいたしました。
環境市民が、前回の「エコトレイン・未来のゆめ・まち号」に続きこの事業に携わるのは、ミッションのひとつに掲げている「経済をグリーンにする」の活動目的に沿うものだからです。事業の中身も、電車や駅といった多くの人が利用する場での環境情報発信への協力や、公共交通という環境負荷の少ない交通手段の応援など、広告を掲出する企業や沿線自治体の環境・CSR活動の発展に寄与するものとなっています。

持続可能な社会づくりに事業者の環境・CSR活動の進展は不可欠であり、なかでも「本業」での進展が重要です。この事業は、電車や駅といった鉄道事業者の本業を支える場での環境活動の発展に寄与できたという意味で、意義のある事業だと考えます。
 

ページの終端です。ページの先頭に戻る

Copyright(C)2019 NPO法人 環境市民/Citizens Environmental Foundation All Rights Reserved|ログイン