ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

トップ  > 環境市民Blog  > 環境市民なう!  > リサイクルについて(現在位置)
環境市民Blog
環境市民のビジョン

リサイクルについて

カテゴリ:環境市民なう!|更新日:2010年12月6日

このコーナーでは環境市民の事務局スタッフを中心に、今すすめているプロジェクトのナマ情報や、スタッフならではの思いや気づきをお伝えします。

公平で、持続可能なリサイクルシステムについて考えたい、まずは現場を知りたいという思いから、伏見区横大路にある京都市南部資源リサイクルセンターを訪れました。

このセンターは、缶、びん、ペットボトルを再資源化する施設で、労基法に基づく福祉工場(京都市の社会福祉施設)として運営されていて、全従業員64人のうち50人は障害を持った人です。工場長のお話のもと、施設内を見学させていただきました。

処理のフローはこんなかんじです。

私たちの出した資源ごみを詰め込んだパッカー車が工場に到着すると、まず、すべてがコンベヤに流れていきます。そして、いくつかの選別機械によって自動的 に仕分けられていきます。電磁石でスチール缶を選別、風力式選別機は、空気の力でびんやビニールなどを選別、びんは色ごとに選別です。最初と最後の仕分け は、機械ではなく、従業員が手選別します。その後、圧縮機に運ばれていきます。

右上の写真はプレスされたアルミ缶、40kg×50個(80cm角12cm)。1日2トンになるとのこと。   流れてくるもののなかには、缶、びん、ペットボトルに混じり、フライパンや包丁、大量のまち針や注射器にギブスまでありました。

ペットボトルは、ごみとして出す時点できちんと洗浄され、キャップとラベルがはずされているものは、全体の3割程度ということ。中身が残っている容器は、機械が汚れを感知し、水処理に時間をかけます。汚れが多いと、排出にかかる処理費用も当然高くなるのです。

工場長のお話によると、パッカー車で運ばれてくる資源ごみの量は、1日30トンだそう。      いろんな容器がどんどん増えれば、それだけ消費量も増えて、リサイクルコストもかかります。リサイクルシステムを担う自治体を支えるのは、私たち住民ですが、缶やペットボトルをよく飲む人も飲まない人も、税金負担は同じです。

消費する側、つくる側、それぞれの行動を変えていくことが、持続できるリサイクルの仕組みにつながるのではないでしょうか。                                  普段の生活で、ごみ出しのルールやマナーを守るのはもちろんのことですが、そもそもリサイクルにまわすまでに、本当に要るものを考える、使えるものは、まだまだもったいない根性(モノを大事にする気持ち)でくり返し使うことが大事だと思います。

自戒をこめて。

(岩崎恵美子)

 

閲覧(2311)

ページの終端です。ページの先頭に戻る

Copyright(C)2020 NPO法人 環境市民/Citizens Environmental Foundation All Rights Reserved|ログイン