ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

トップ  > 環境市民Blog  > 環境市民なう!  > エコロジカルな住宅政策とその実際 環境のまちづくりを学ぶツアー(現在位置)
環境市民Blog
環境市民のビジョン

エコロジカルな住宅政策とその実際 環境のまちづくりを学ぶツアー

カテゴリ:環境市民なう!|更新日:2013年3月30日

このコーナーでは環境市民の事務局スタッフを中心に、今すすめているプロジェクトのナマ情報や、スタッフならではの思いや気づきをお伝えします。

エコロジカルな住宅政策とその実際 環境のまちづくりを学ぶツアー
スウェーデン・ドイツの2カ国訪問 12日間
期間:2013年6月30日~7月11日

 

 環境市民では、環境のまちづくりを学ぼうとスウェーデン・ドイツへの視察調査を企画しました。持続可能な社会をつくっていくために必要なエコロジカルな住宅政策、まちづくりや交通政策などについて自治体の担当者や関わる人たちから実際にお話を聞き視察を行います。環境市民がこれまで集めてきた情報や海外との交流によって実現した充実の内容です。
関心をお持ちになった方は、環境市民までお問い合わせ下さい。ぜひ、ご一緒しましょう。

写真:スウェーデン、ハンマルビーシェースタットの環境配慮型住宅団地 

 

■旅行日程:2013年6月30日(日)〜7月11日(木)
■募集人数:15人(最少催行人数 10人)
■参加費用:450,000円(税込)
* 参加費用の中には、関西国際空港からの航空運賃(燃油税、往路週末料金込み)、コーディネート、通訳、宿泊、現地交通費、訪問先謝礼とお土産代、諸経費が含まれています。
* 含まれないものは、関空までの交通費、食費(ホテルによっては朝食が参加費用に含まれる場合もあり)
* 参加費は参加人数10人の場合の一人当たりの金額です。参加者が増えると設定金額が安くなります。
* 為替変動により参加費用が変わる場合があります。

 

■締切り: 第一次 2013年4月25日(木)(募集人員を超えた場合は、その時点で締切)

■問合せ:NPO法人環境市民     ツアー担当:下村委津子(しもむらしづこ)
 京都市中京区麸屋町通二条下がる 第二ふや町ビル405
 電話 075-211-3521  FAX 075-211-3531   Email:life@kankyoshimin.org

■備 考:帰国日をどうしても早めたい方は、可能な場合もあります。ご相談ください。

 

【プログラム】*内容は変更になる可能性があります。

2013.6.30
10:00 関西国際空港発16:05
フランクフルト経由(ドイツ)
18:05 アーランダ空港着(スウェーデン)
到着後ホテルへ <ストックホルム泊>

2013.7.1  エコビレッジやパッシブハウスなど(現地での視察と解説)
<ストックホルム泊>

2013.7.2  省エネ建築の集合住宅など(現地での視察と解説)
<ストックホルム泊>
2013.7.3
午前 ストックホルム市の住宅の省エネルギーに関する政策
午後 アーランダ空港発→フランクフルト空港→デュッセルドルフ着
夕方  ホテルへ移動 <デュッセルドルフ泊>

2013.7.4  ラインベルク 住宅のエネルギー改修施策について
<デュッセルドルフ泊>

2013.7.5  バウビオロギーやNRW州エネルギー政策について
<デュッセルドルフ泊>

2013.7.6  省エネ改修した個人住宅・オーガニック農家の見学とお話
<デュッセルドルフ泊>

2013.7.7  デュッセルドルフ→ハムへ移動     <ハム泊>

2013.7.8  ミュンスター  住宅の省エネ改修や交通政策  
環境のまちづくりの現場を視察 <ハム泊>                

2013.7.9  ハム  自転車ネットワーク
環境のまちづくりの政策と現場を視察  <ハム泊>

2013.7.10
朝食後  ハム駅発
13:40 フランクフルト空港発  <機内泊>


2013.7.11
7:30 関西国際空港着  到着後空港にて解散 お疲れさまでした。

 

 

 

 

閲覧(3242)

ページの終端です。ページの先頭に戻る

Copyright(C)2019 NPO法人 環境市民/Citizens Environmental Foundation All Rights Reserved|ログイン