ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

トップ  > 環境市民Blog  > 電子かわら版コラム  > 小さな命を繋ぐ庭(現在位置)
環境市民Blog
環境市民のビジョン

小さな命を繋ぐ庭

カテゴリ:電子かわら版コラム|更新日:2017年8月2日

このコーナーでは、ウェブやメールマガジンの企画運営を行っている「電子かわら版チーム」メンバーのコラムを紹介しています。一緒に企画運営をしたいボランティアも随時募集中です。関心のある方は京都事務局まで。

小さなライムの鉢にアゲハの幼虫三匹、
サナギも一匹。


朝、水をやっている時に、
ヒラヒラと親がやってきては、
卵を産み付けていく。


黒い幼虫から緑の幼虫へ。
鳥に食べられるのか、
ほとんどはサナギにはならない。


産み付けた卵の数を見ていると、
本当に少ししか蝶にはなれない、
生存競争の世界なのだと思う。


それでもこういう街中の、
ほんの小さな場所を探しては、
卵を産みに来て、
命が繋がっていく。


そういうものが、
とても大切なんだと思う。


庭の山椒も、金柑も、そしてライムも、
食べられて、もうボロボロ。
それなのに、鳥に食べられたのか、
幼虫は一匹にいつの間にかなっている。
小さな社会の生存競争。


やはり、可哀想だけれど、
見つけたら早めに幼虫を捨てようか、と。
その見極めもこれから。
共に生きて行くって、結構大変かもしれない。(ち)
 

閲覧(38)

ページの終端です。ページの先頭に戻る

Copyright(C)2017 NPO法人 環境市民/Citizens Environmental Foundation All Rights Reserved|ログイン