ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

トップ  > 環境市民Blog  > 電子かわら版コラム(現在位置)
環境市民Blog
環境市民のビジョン

電子かわら版コラム

rss

このコーナーでは、ウェブやメールマガジンの企画運営を行っている「電子かわら版チーム」メンバーのコラムを紹介しています。一緒に企画運営をしたいボランティアも随時募集中です。関心のある方は京都事務局まで。

保管期間は5年

カテゴリ:電子かわら版コラム|更新日:2022年01月12日 23:35:12

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。
さて、新年早々ですが、いつも使っているノートパソコン(Mac)のバッテリーの限界がみえてきました。
まずはやっぱりリペア(修理)。
カスタマーセンターとチャットをしてみると……

閲覧(53)

雪は増えるのか

カテゴリ:電子かわら版コラム|更新日:2021年12月23日 00:05:49

職場の行き帰り、12月上旬はトレンチコートを羽織るように着ていましたが
先週末は風が冷たかったので、ウエスト部分をベルトで締めました。
年末らしい寒さです。
しかし、気候変動が進んでいくと、日本の冬はどう変わっていくのでしょうか。

閲覧(128)

原油高を利用して、今こそ脱炭素への大胆な政策転換を

カテゴリ:電子かわら版コラム|更新日:2021年12月08日 21:10:35

先月、原油価格高騰の影響によるガソリンの高値に世間は騒然となりました。
その影響緩和のために経済産業省は、11月半ばには石油元売会社に補助金を出すという方針を打ち出しました。
しかし、発表してみると税金の使い方として公正といえるのかどうか、新聞各紙をはじめ経済の専門家たちからも批判的な意見が出されました。
脱炭素への道を踏み出した今だからこそ、原油高を単なるマイナス影響だけで終わらせたくない!
では、私たちはどう捉えればいいのでしょう?

閲覧(90)

化石賞ニッポンはCOP26についていけたのか

カテゴリ:電子かわら版コラム|更新日:2021年11月24日 20:45:07

英国グラスゴーで開催されたCOP26が11月13日に終了しました。
会期を1日延長して採択された合意文書は、成功と見るべきか、失敗と見るべきか。
受け取り手によってどちらにも見える成果は気候変動のCOP名物かも。
要は、その後の各国の行動次第です。
では日本は、これを真に成功とすることができるでしょうか。

閲覧(211)

かつて、京都市内では霧を見ることができました

カテゴリ:電子かわら版コラム|更新日:2021年11月10日 21:27:41

10月31日に、第26回国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP26)が、イギリスのグラスゴーで開幕しました。
グテレス国連事務総長は1日、首脳級会合で演説し、各国が提出した現在の温室効果ガス排出量の削減目標では、今世紀末の平均気温は産業革命前から2.7℃上昇すると訴えました。

閲覧(118)

全ての記事一覧


ページの終端です。ページの先頭に戻る

Copyright(C)2022 NPO法人 環境市民/Citizens Environmental Foundation All Rights Reserved|ログイン