ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

トップ  > ホットニュース  > (3/28 東京)『企業のエシカル通信簿』第1回結果発表会 (現在位置)
ホットニュース
環境市民のビジョン

(3/28 東京)『企業のエシカル通信簿』第1回結果発表会 

「消費から持続可能な社会をつくる市民ネットワーク(SSRC)」では、SDGsのゴールのひとつである「持続可能な消費と生産」を実現するため、よりエシカルな企業ブランドを選択するための情報ツールを消費者に提供することを目的に、「企業のエシカル通信簿」プロジェクトを立ち上げました。幅広い分野にわたり、市民目線で企業のCSRを評価するこのような取り組みは、おそらく日本初の画期的なものです。 このたび、第1回目の調査結果(対象:加工食品販売額上位5社とアパレル販売額上位5社)がまとまりましたので、以下の場を設定し発表いたします。ぜひ振るってご参加ください。 『企業のエシカル通信簿』第1回結果発表会 【日時】2017年3月28日(火)14時~16時(開場:13時40分) 【場所】千代田区立日比谷図書文化館4階「スタジオプラス(小ホール)」 (東京都千代田区日比谷公園1番4号) 【アクセス】http://hibiyal.jp/hibiya/access.html ・東京メトロ 丸の内線・日比谷線「霞ヶ関駅」B2出口より徒歩約3分 ・都営地下鉄 三田線「内幸町駅」A7出口より徒歩約3分 ・東京メトロ 千代田線「霞ヶ関駅」C4出口より徒歩約3分 ・JR 新橋駅 日比谷口より 徒歩約10分 【対象】企業のCSR担当者、メディア、持続可能な消費に関心ある市民、研究者、行政担当者など(どなたでも) 【参加費】無料 【定員】45名(要申込) 【申込】以下のフォームよりお申込みください。 https://goo.gl/forms/d8JmvsrgO1JCEAXx2 【プログラム】 1 『企業のエシカル通信簿』の目的と活用方法 2 調査方法ならびに調査項目解説 3通信簿(レイティング)発表!! 4 CSR各分野の取り組み状況の傾向、先進的な取り組みの紹介、本ネットからの提案 5 識者からのコメント 6 Q&Aとディスカッション 【消費から持続可能な社会をつくる市民ネットワーク(SSRC)とは?】 2016年1月発足。環境・人権・消費者・フェアトレード・動物の権利などの様々な分野を専門にする34の市民団体が参画し、企業調査や情報発信、セミナーの開催等を行っている。 http://cnrc.jp/ https://www.facebook.com/cnrc.jp/ 【『企業のエシカル通信簿』とは】 「消費から持続可能な社会をつくる市民ネットワーク」(SSRC)が、各参加団体の専門性を生かして持続可能な社会・環境・消費者・人権・社会・平和・アニマルウェルフェアの7つの大項目、約50ページから成る調査票を作成し、公開情報をもとに調査して企業のエシカル度を調査したもの。初年度の今回は、加工食品とアパレル(衣料品)の2業界の売り上げ上位各5社、計10社を対象に調査。発表前に各企業に調査結果を送付し内容の確認を求めている。 【主催・問合せ】「消費から持続可能な社会をつくる市民ネットワーク」 (認定NPO法人環境市民内)life@kankyoshimin.org 075-211-3521 *本イベントは地球環境基金の助成を受けて開催します。

ページの終端です。ページの先頭に戻る

Copyright(C)2020 NPO法人 環境市民/Citizens Environmental Foundation All Rights Reserved|ログイン