ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

トップ  > ホットニュース  > SDGs時代のビジネス:企業の社会的責任と調達(現在位置)
ホットニュース
環境市民のビジョン

SDGs時代のビジネス:企業の社会的責任と調達

CSR SDGs
環境市民が参画する関西SDGsプラットフォームが開催するCSR調達セミナー。 成熟社会のビジネスにおいては、グローバルレベルでのサプライチェーン管理があたりまえに求められていますが、昨今のESG投資の活性化等を受け、この問題はすでに大企業だけの課題ではなくなってきています。

SDGs時代のビジネス:企業の社会的責任と調達」



成熟社会のビジネスにおいては、グローバルレベルでのサプライチェーン管理があたりまえに求められていますが、昨今のESG投資の活性化等を受け、この問題はすでに大企業だけの課題ではなくなってきています。
今回は、中堅・中小企業のビジネスや自治体の活動にも、近い将来必ず影響を及ぼすであろう「責任ある調達(CSR調達)」について、パネルディスカッションを通じて、様々な立場からの意見をご紹介します。
また、実事例として、「東京2020 オリンピック・パラリンピック競技大会:持続可能性に配慮した調達コード」や、実務担当者へのお役立ちツールのご紹介なども行います。
SDGs時代には、経済的価値と社会的価値をともに創造することが重要です。知ればチャンス!知らぬはリスク!半歩先行く対応が、皆様のビジネスにきっと成長をもたらすものと期待しています。


【概要】
<日時> 2018年7月19日(木)14時30分受付開始、15時00分~17時30分
 
<場所> りそなグループ大阪本店 地下講堂
(地下鉄堺筋線・中央線「堺筋本町駅」(17出口)徒歩2分、
地下鉄御堂筋線「本町駅」(3出口)徒歩6分)
 
<プログラム>
第1部
「CSR調達の現状と課題」(パネルディスカッション)
モデレーター:JICA関西 次長 田和 正裕
パネリスト:
関西大学 経済学部教授 後藤 健太 氏
株式会社アシックスCSR統括部 浦田 幸生 氏
株式会社ノーリツ 資材購買部 真次 成昌 氏
認定NPO法人環境市民 副代表理事 下村 委津子 氏
(休憩)
第2部
CSR調達事例紹介
「東京2020大会 持続可能性に配慮した調達コード」
講師:(公財)東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会 日比野 佑亮 氏
「GCNJ版 CSR調達お役立ちツールの紹介」
講師:(一財)電気安全環境研究所 CSR担当部長 桑原 崇
※セミナー修了後、名刺交換会実施予定
 
<お申込み方法>
EmailまたはFAXによるお申込み
件名を「責任ある調達対応セミナー参加希望」とし、
お名前、ふりがな、ご所属(お勤め先・学校等)、お電話番号 をご記入の上、以下のメールアドレス又はFAX番号に送信して下さい。
Email:jicaksic-renkei@jica.go.jp
FAX: 078-261-0357
 
*必ず連絡のつくメールアドレス、電話番号をご記入下さい。事前に確認のため、ご連絡させていただくことがございます。
*お申込みにご記入いただいた個人情報は、本セミナーに関する事前・事後の諸手続きにのみ使用致します。
*会場は飲食禁止、全面禁煙となっております。
*座席スペース確保のため、車椅子でご来場の方は事前にご連絡ください。
 
<お問い合わせ>
関西SDGsプラットフォーム事務局(JICA関西)近江
TEL: 078-261-0384
 
<主催> 関西SDGsプラットフォーム、
一般社団法人 グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン (GCNJ)
 
<特別協力> 大阪府、近畿経済産業局
<協力> りそなグループ(りそな銀行・近畿大阪銀行・関西アーバン銀行・みなと銀行)
<後援> 関西経済連合会・国際労働機関(ILO)駐日事務所・関西広域連合・JEITA関西支部・大阪商工会議所・大阪市・JICA関西(申請準備中含む)
<企画協力> 一般財団法人電気安全環境研究所(JET)

ページの終端です。ページの先頭に戻る

Copyright(C)2018 NPO法人 環境市民/Citizens Environmental Foundation All Rights Reserved|ログイン