ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

トップ  > 活動への参加  > イベント・ボランティア情報  > イベント情報  > 団体のファン、参加者、会員を増やしたい!ソーシャルメディアを戦略的に使いこなすコツ 1/30(水)(現在位置)
活動への参加
環境市民のビジョン

団体のファン、参加者、会員を増やしたい!ソーシャルメディアを戦略的に使いこなすコツ 1/30(水)

★本講座の受付はしめきりました★

活動に参加する人を増やしたい、
会員を増やしたい、
団体に共感してくれる人を増やしたい、、、
NPOにとってはいつも悩み。

イベントをやったり、ツイッターでつぶやいたり、手紙を書いたり...
いろいろやっているんだけど、ちょっと場当たりてきかも、と悩んで
いる方も多いのでは? かくいう環境市民も目下の悩み。

今回お話いただくパタゴニアさんは、ソーシャルメディアを戦略的に活用して、活用して、パタゴニアを理解してもらい、販売&ファンになってくれるお客さんを増やしています。

「お客さん」を、「活動に共感し、参加、会員になってくれる人」に置き換えると…そう、NPOの活動に役立つことがいっぱいです!
ぜひ、ソーシャルメディアを使いこなすコツを学んで、活動のファン、参加者を増やすコツを学びましょう。


■講師:パタゴニア日本支社 ダイレクトセールス・ディレクター 但馬 武さん

(講師プロフィール)1971年東京生まれ。94年~96年ツーカーセルラー東京入社。退職後に両親が営むコテージでスキー三昧な月日を過ごし、1997年5月にパタゴニアメールオーダーにパートタイムとして入社。同97年に正社員になり、リーダー、マネージャーを経て現ダイレクトセールス・
ディレクターに。趣味はトレイルランニング、スキー、料理、読書、酒

■お話の内容
企業のメッセージを伝える方法として、冊子やチラシ、ウェブサイトなどがありますが、昨今ではTwitterやFacebookなどのソーシャルメディアと呼ばれる新しいツールがとても活用されています。ソーシャルメディアは既存のツールとは異なり、単にメッセージを伝えるだけではなく、上手く活用することで顧客との関係性を強化し、またその顧客から新たに伝播する効果が期待できるツールです。パタゴニアでの事例を使い、活用方法やそのポイントについて説明します。

◎パタゴニアについて
「環境危機に警鐘を鳴らし解決に向けて実行する」という経営理念を持つ米国発のアウトドアアパレル企業。ウェブサイトはこちら。Facebookはこちら。Twitter:@PatagoniaJP

 

プログラム

2:50から3:00 講座の趣旨について
3:00から4:30 講演:「ソーシャルメディアを活用したお客様をまきこんでいく戦略」
4:30から4:45 質問タイム

■と き:1月30日(水)午後2:30受付 2:50から4:50
■ところ:京町家 さいりん館 室町二条(お座敷になります)
<アクセス>http://www.sairinkan.com/
■定 員:20人(★締切ました★)
■参加費:1000円/1人(1月号会報誌「みどりのニュースレター」プレゼント)

■参加対象者

・NPONGOで活動している方
・ツイッターやFacebookなどソーシャルメディアを使って、NPO活動、ボランティアをしている方
・ツイッターヤFacebookなどを戦略的に使った会員、活動参加・共感者の拡大に関心のある方
・ツイッター、Facebookを使っている方

■主催:NPO法人環境市民

■申込み
お申し込みの際には、だお名前、電話、メール、twitterアカウント、Facebook、今回講座で知りたいこと、ききたいことを以下、環境市民までご連絡ください。

NPO法人環境市民 
TEL:075-211-3521 FAX:075-211-3531 /
E-mail:life@kankyoshimin.org
 

 

ページの終端です。ページの先頭に戻る

Copyright(C)2019 NPO法人 環境市民/Citizens Environmental Foundation All Rights Reserved|ログイン