ページの先頭です。本文を読み飛ばして、このサイトのメニューなどを読む

サイト内の現在位置です:

トップ  > 環境市民Blog  > Sydney diary  >  食べることがもっと楽しくなる量り売り(現在位置)
環境市民Blog
環境市民のビジョン

食べることがもっと楽しくなる量り売り

カテゴリ:Sydney diary|更新日:2015年3月14日

コーディネーターの有川真理子です。12月からシドニーで、NGOのアドボカシーや持続可能な消費などをテーマに調査をしたり実際にいろんな経験をしたりしています。現地での暮らしや仕事を通して感じたこと思ったことを紹介していきます。お楽しみに!
(本事業は外務省主催 2014年度(第8回)NGO海外スタディ・プログラムを活用しています)

 「量り売り」は容器包装ごみを減らすこともできるし、必要な分だけを購入できるので食べきれずにごみになってしまうという事態も避けられる……と環境市民でいつも伝えていますが、日本には「量り売り」があまりないのでこれを実感するのはなかなか難しいもの。今回は日々のご飯をつくるときに「量り売り」の便利さ、楽しさを実感しました。

 まず、一人分しかつくらないので、いろんなものを束で買うと使い切るのが結構大変。そこで、活躍するのが野菜の量り売り。キュウリ、サラダ、豆、じゃが芋、玉ねぎ、人参といった野菜を一つから買うことができます。量り売りなので用途に合わせて大きいものを選ぶこともできれば小さいものを選ぶこともできます。ぶどうや桃、マンゴー、ライチやバナナ、メロン、スイカなど果物も量り売りです。1g単位で計算してくれるのである意味、束で買うより公平だなと思いました。野菜や果物の量り売りはだいたいどこのスーパーにもあります。レジに量り機能がついていてすぐに値段を計算してくれます。

 

 「量り売り」はごみを減らすだけではなくて食べることを楽しくしてくれることもわかりました。例えばこれはある日の晩ご飯。私は豚や鶏のひき肉をナンプラーで炒めてご飯と一緒に食べるのが好きなのですがこれに欠かせないのがチリというぴりっと辛い唐辛子の一種。でも一人分しかつくらないので一本あれば十分。そこで量り売りコーナーで小さめのチリを買いました。チリがあるとないでは大違い。ライムも一個買ってきゅっと一絞り。本格的な味を楽しめましたよ。「量り売り」は「ちょい買い」にもぴったり。これはどんな味がするんだろう?と気になるものを少し買って味見をするのも楽しいものです。

 

Others 

1. 放し飼い卵表示で罰金約2,800万円

Choiceというオーストラリアの消費者団体を紹介します。世界に数ある消費者団体の中でも私が(勝手に)好きなと消費者団体の一つです。特に、質の高いアドボカシー力とメディアの使いこなし方が魅力的です。 

 

2.GOOD ON YOU ~エシカルなお買い物を簡単に~

「エシカルコンシューマー」という言葉が日本でも聞かれるようになってきました。「エシカル」には「倫理的な」「道徳上の」といった意味があります。市民が環境や人権、労働、動物の福祉、社会貢献などに配慮した製品やサービスを選択することによって、社会を変えていくことを目的として80年代に英国ではじまりました。

 

4.水道水で行こう!

オーストラリアの場所にもよりますがシドニーは日本と同じぐらいの硬度なので水道水を飲むことができます。おかげでお財布が助かりました。世界ではじめてペットボトル入りの水の販売を自主的に禁止した町、バンダヌーンを紹介します。

 

5.きれいな海、生き物のために デポジット制度導入を決定

「ニューサウスウェールズ州は2017年7月に、飲料容器に対しデポジット制度を導入する」うれしいニュースが飛び込んできたのは2月21日のこと。 今回の導入を10年以上にわたってリードしてきたネットワークNGO"Boomerang aliance"にインタビューしました。

6.ファッションで難民、移民の方をサポート
難民や移民としてオーストラリアに来た若者を対象に、洋裁や販売の教育、研修、雇用機会を提供し、難民の人たちの豊かな創造性を広げることを目的として2014年にオープンしたファッションストア"The Social Outfit"を取材しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

閲覧(2351)

ページの終端です。ページの先頭に戻る

Copyright(C)2017 NPO法人 環境市民/Citizens Environmental Foundation All Rights Reserved|ログイン